【動画】アンパンマンの見逃し配信の無料視聴方法!映画からアニメ最新話まで!

アニメ動画

日本テレビで放送されている国民的人気アニメ「それいけ!アンパンマン」のアニメ最新話や、これまでの映画などの無料動画や見逃し配信の無料視聴方法などについて紹介していきたいと思います。

「アンパンマン」は言わずと知れた超有名作品で、ホッコリとする回からトラウマ回まで幅広くあることも有名です。

この「アンパンマン」は日本テレビで放送されているドラマなので、動画配信が行われているのは動画配信サービス「Hulu」でございます。

登録無料!Hulu公式ページへ
 

動画配信サービス「Hulu」では、日本テレビで放送されているバラエティ番組の他にも日曜ドラマなど、日本テレビのドラマなどが豊富に配信されており、独占配信のドラマも多いです。

また、登録は無料で行えますし、無料期間中に解約を行えば実質無料でHuluで配信されている動画は全て視聴する事が可能です。

動画配信サービス「Hulu」を利用するメリット

70,000本以上が見放題

※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金となります。

すべての作品が無料トライアル中は無料でお試しいただけます

※新規登録ユーザーのみ対象になります。現在会員の方や、過去登録されたことがある方は対象外となります。

※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金となります。

通信制限を気にせず楽しめる!

ダウンロードしておけば、通信制限中でも、スマートフォンやタブレットで作品をお楽しみいただけます。

様々な機器に対応

スマートフォンやタブレットでのご利用はもちろん、インターネットに接続したスマートテレビやメディアプレイヤー、ゲーム機を使い、リビングでくつろぎながら、大画面でお楽しみいただけます。

よくあるご質問

Huluとは?

Huluは映画・ドラマ・アニメ・バラエティなどを楽しめるオンライン動画配信サービスです。月額定額料金でいつでも、どこでも、70,000本以上の作品が見放題。

さらに都度課金制のHuluストアでは劇場公開から間もない最新映画などをどなたでもレンタル/購入できます。

無料トライアルとは何ですか?

初めてHuluをご利用になるお客様にサービス内容を理解してもらえるよう、無料でお試しいただける期間のことです。

無料お試しの期間は、有料会員と全く同じ条件で、すべての映画やテレビ番組等を楽しむことができます。無料期間の終了前に解約すると、料金は一切発生しません。

※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金となります。

どんな作品がありますか?

日本初上陸の海外ドラマを配信する「Huluプレミア」や、独自で製作する「Huluオリジナル」を筆頭に、テレビで放送中の人気番組の見逃し配信や、音楽のライブ配信など幅広くラインナップ。Huluでしか観られないコンテンツも豊富に取り揃えています。また、リアルタイム配信も充実。日米英ニュース、音楽、ドキュメンタリー、スポーツなどをお楽しみいただけます。

なにで視聴できますか?

スマートフォンやタブレット、パソコンでのご利用はもちろん、インターネットに接続したテレビやゲーム機などでHuluをお楽しみいただけます。また、ダウンロード機能を使えば、通信料を気にせず、スマートフォン、タブレットから外出先でも作品を視聴できます。

解約するには?

簡単な手続きで、オンラインでいつでも解約できます。解約時に違約金は発生しません。また解約後も同じアカウントですぐに契約の再開ができます。

無料期間終了後の利用料金は?

月額料金ですべての作品が見放題です。

※ただし、iTunes Store決済の場合には料金が変わる可能性があります。

※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金となります。

支払い方法は?

クレジットカードのほかにも、PayPay、LINE Pay、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払いなど様々な支払い方法に対応しています。iPhone、iPad、Apple TVをお使いであればiTunes Store決済もご利用いただけます。VISAデビットカードやPayPal、他にもプリペイド式のHuluチケットなど、お好きな決済方法をご選択できます。

Huluストアとは何ですか?

Huluストアは、どなたでもご利用できる都度課金方式の動画レンタル/購入サービス。月額料金を支払う事なくどなたでもご利用できます。Huluストアでは 劇場公開から間もない最新映画、海外ドラマの最新シーズン、音楽イベントのライブ配信などラインナップしています。

登録無料!Hulu公式ページへ
 

アニメ「それいけ!アンパンマン」忘れられないトラウマな敵

多くの人に長く愛されている子供向けアニメ『それいけ!アンパンマン』。主人公のアンパンマンだけでなく、ばいきんまんなど敵側にもかわいいキャラが多いです。しかし、時にはホラーに出てきそうなタイプの敵も存在しています。今回は『それいけ!アンパンマン』に登場する、トラウマレベルの怖い敵を紹介します。

「怖かった」という声を多く聞くのが、1989年3月公開の『映画 それいけ!アンパンマン キラキラ星の涙』に出てくるドロンコ魔王。ドロンコ魔王は、真っ黒な体に複数の触手を持った不気味な怪物です。なにより特徴的なのがギロっとしたひとつ目で、見た瞬間思わず背筋が凍りそうになるデザインが印象に残っている人も多いのではないでしょうか?

また物理攻撃がほぼ効かず、アンパンマンたちを苦しめた点でもかなり恐ろしい敵と言えます。

ドロンコ魔王に匹敵する怖さの敵は、メコイスの大魔王。あまり馴染みのない敵と思う人もいそうですが、こちらはばいきんまんが変化した姿です。『映画 それいけ!アンパンマン ばいきんまんの逆襲』で、ばいきんまんは世界一の大魔王になれるという壷をゲットします。しかし壷の力が暴走し、ばいきんまんはかつての面影が皆無の禍々しい魔王に……。

ばいきんまんが何度も「助けて!」と言いながら、メコイスの大魔王に変わるシーンはインパクト抜群。ネット上では「敵とはいえかわいそうだった」「アンパンマン離れしたキャラデザでずっと覚えてる」などの声があがっています。

ほかにも、おじいさんのような細長い顔の「すなおとこ」など、かわいいとは言いがたい敵が多数登場しています。『それいけ!アンパンマン』を見返してみると、大人でも震えあがってしまう場面に遭遇するかもしれませんね。

動画配信サービス「Hulu」では、日本テレビで放送されているバラエティ番組の他にも日曜ドラマなど、日本テレビのドラマなどが豊富に配信されており、独占配信のドラマも多いです。

また、登録は無料で行えますし、無料期間中に解約を行えば実質無料でHuluで配信されている動画は全て視聴する事が可能です。

登録無料!Hulu公式ページへ
 

「それいけ!アンパンマン」の珍しい展開に衝撃を受ける!

みなさんは、アニメ『それいけ!アンパンマン』の胸アツエピソードをご存知でしょうか? 普段は対立関係にあるアンパンマンとばいきんまんですが、なかにはふたりの共闘シーンや協力し合う姿を描いた、珍しい回も存在するのです。

たとえば「アンパンマンととぶ木馬」というエピソードでは、ドキンちゃんが乗った「とぶ木馬」が大暴走する展開に。ばいきんまんはすぐさまバイキンUFOに乗って助けようとするものの、追いかけている途中でUFOが大破してしまいます。おまけに助けに入ったアンパンマンも顔を濡らしてしまい、動けなくなるのですが……。

ここで行動を起こしたのが、ばいきんまん。急いでジャムおじさんたちのもとへと向かい、「アンパンマンが水に落ちてダメになっちまったんだ」「俺様に新しい顔をくれ。アンパンマンに届けてやる」とアンパンマンを復活させようとするのです。おかげで新しい顔を手に入れたアンパンマンは、そのまま背中にばいきんまんを乗せてドキンちゃんのもとへ。ばいきんまんがアンパンマンを助けるという珍しい展開には、多くの人が衝撃を受けたことでしょう。

また、「アンパンマンとイタイノトンデケダケ」も、ばいきんまんの意外な一面が描かれたエピソードです。同話にて集団食中毒になったみんなを助けるために必要なイタイノトンデケダケを取るか、溺れたばいきんまんを助けるかの二択を迫られたアンパンマン。考えに考えた末、アンパンマンが助けたのはばいきんまんでした。

その後、ばいきんまんははじめのうち「お前は本当にお人好しだよな。俺様を助けたために肝心のイタイノトンデケダケは全滅」「馬鹿もいいところだぜ」とアンパンマンを馬鹿にしますが、「俺様を助けるなんて、お前、余計なことしやがって」とふと冷静になり……。疲れて気絶しているアンパンマンの代わりに、ばいきんまんはイタイノトンデケダケを探しに行くのです。

そしてしばらくしてアンパンマンが目を覚ますと、側にはばいきんまんが置いていってくれたイタイノトンデケダケが。当時同エピソードを見た視聴者からは、「ばいきんまんの優しさに泣いた」「勧善懲悪じゃないアンパンマンの正義感にも胸を打たれる」といった声があがっています。

動画配信サービス「Hulu」では、日本テレビで放送されているバラエティ番組の他にも日曜ドラマなど、日本テレビのドラマなどが豊富に配信されており、独占配信のドラマも多いです。

また、登録は無料で行えますし、無料期間中に解約を行えば実質無料でHuluで配信されている動画は全て視聴する事が可能です。

登録無料!Hulu公式ページへ
 

「それいけ!アンパンマン」について

「アンパンマン」は、とは、やなせたかしが描く一連の絵本シリーズ、および、これを原作とする派生作品の総称。また、これらの作品における主人公「アンパンマン」の名前である。

パンの製造過程であんパン(餡パン)に「いのちの星」が入ることで誕生した正義のヒーローで、困っている人を助けるために自らの顔(アンパン)を差し出す。あんパン(餡パン)だけにその頭の中には餡(つぶあん)が詰まっている。

テレビアニメ(日本テレビ系列『それいけ!アンパンマン』)アニメ映画、漫画、ゲームソフト(任天堂のWii用、ニンテンドーDS用など)、おもちゃ・グッズなど多数の派生作品・商品が存在する。その中でテレビアニメは長期に亘って放映されておりまた一貫して同じ主題歌が使用されているため認知度が高い。現在高知県の香美市立やなせたかし記念館や全国5か所にある「アンパンマンこどもミュージアム」などの関連施設がある。

子供向け作品

アンパンマンとその作品としての『アンパンマン』は、PHP研究所が発行する青年向け雑誌『PHP』の通巻第257号に当たる、『こどものえほん』の1969年10月号(同年〈昭和44年〉10月1日刊行)に掲載された青年向け読物、やなせたかし(えと文)「アンパンマン」という形で初出した。

この時期、やなせが『こどものえほん』のために執筆した読物は連載12本の短編で、「アンパンマン」はその6本目の作品であった。

これら12篇は、株式会社山梨シルクセンター(※3年後、株式会社サンリオへ社名変更)より単行本『十二の真珠』名義で1970年(昭和45年)に刊行された。

空腹に喘ぐ人の所へ駆け付けて自らの大事な持ち物であるパンを差し出して食べるよう勧めるという、のちのアンパンマンに通じる物語の骨子が、この作品のおいて早くも整えられている。

絵本・漫画・アニメなど、のちに描かれるアンパンマンとの大きな違いと言えば、第一に主人公のアンパンマンが普通の人間のおじさんであること、そして、パンが自分の体ではなく、まだ所持品でしかなかった点である。

絵本

1973年(昭和48年)、先述した普通のおじさんのアンパンマンを発展させた架空のキャラクターとしてのアンパンマンが登場する。

それは、フレーベル館の 4、5歳児向け月刊物語絵本「キンダーおはなしえほん」シリーズの1作品として1973年10月号に、やなせたかし『あんぱんまん』という形で刊行された。

同書は、やなせが初めて手掛けた幼児向け絵本であった。

ここでのアンパンマンは、あんパンを持ち歩いたりするのではなく、自身の頭部が食べられるあんパンでできており、また、空を飛べる存在に変わっていた。

当然、デザインも変更されており、長身に丸顔のおじさんであったのが、長身なのはほぼそのままで頭部があんパンに置き換わっていた。

また、「アンパンマン」の表記が平仮名に変更された。

1975年(昭和50年)、絵本の続編が『それいけ!アンパンマン』と名を改めて刊行された。

青年であった初出から幼児へと対象年齢が変わったことから、主人公名の表記を平仮名に変えていたのであるが、やはり違和感が拭えなかったため、片仮名に戻した。

絵本のアンパンマンは当初、貧困に苦しむ人々を助けるという内容であり、未就学児には難解な内容で、編集部、批評家、幼稚園教諭などから酷評された。

しかし、予想に反して次第に子供たちの間で人気を集め、幼稚園や保育園などからの注文が殺到するようになった。

読者の中心である子供たち(2、3歳児)に合わせ、アンパンマンの体型も初期作品の8頭身から3頭身へと変わっていった。

そして絵本がシリーズを重ねていくに伴い、アンパンマンの仲間や敵役のキャラクターが増えていった。

登場人物のうち、ばいきんまん・ドキンちゃん・しょくぱんまんは『風と共に去りぬ』にならっている。

ドキンちゃんはスカーレット・オハラを、ばいきんまんはレット・バトラーを、しょくぱんまんはアシュリーを下敷きにしているとのこと。

ただし、ドキンちゃんがしょくぱんまんを一方的に恋い慕う点は、原典とは異なっている。

アニメ

映像としては、テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』第1話「アンパンマン誕生」、1988年(昭和63年)10月3日放映回(関東エリア)にて初登場した。

日本では子供たちに絶大なる人気を博する国民的キャラクターの一つであり、絵本と共に『それいけ!アンパンマン』のタイトルでテレビアニメ化されているほか、演劇を主とする舞台エンターテインメント、アニメーション映画、漫画、ゲームなど、様々な分野におけるメディアミックス作品が数多く生み出されている。

また、博物館(美術館)とテーマパーク(※同セクション内でも後述)も展開している。

関連商品の総売上高は2010年(平成22年)時点で1兆1000億円に及び、この総売上高を超えるのは日本では海外での売上高も大きいポケットモンスターとハローキティぐらいしかない。

2011年(平成23年)には商業的価値をランク付けするキャラビズ情報(株式会社キャラクター・データバンク調べ)の「(日本における)キャラクターランキング100」で第1位となった。

ポケットモンスター、ミッキーマウス、ハローキティがこれに続く。

2018年(平成30年)時点で、絵本作品の発行部数(トーハン調べ)は2002年(平成14年)初版『アンパンマンをさがせ!ミニ』が114万部、1981年(昭和56年)初版『アンパンマンのサンタクロース』が106万部、1999年(平成11年)初版『アンパンマンのあいうえおずかん アンパンマンのたべものあいうえお』が98万部、2007年(平成19年)初版『アンパンマンはじめまして ぼく、アンパンマン!』が97万部を記録している。

全国5か所に点在する関連施設「アンパンマンこどもミュージアム」は、有料エリア来場者だけでも全施設で年間約350万人の集客力がある。

アンパンマンと正義

ヒーローとしてのアンパンマンが誕生した背景には、やなせの従軍経験がある。

第二次世界大戦中はプロパガンダ製作に関わっていたこともあり、特に戦いのなかで「正義」というものがいかに信用しがたいものかを痛感した。

しかし、これまでのヒーローは派手な格好をし、強い力・武器・必殺技を持ちながら「正義」を口にし、悪者や暴れる怪獣を徹底的にやっつけることが主であり、飢えや空腹に苦しむ者を救わなかった。

また、戦いによって汚染や破壊された自然や建物に対しての後始末や謝罪がみられなかった。

戦中・戦後における深刻な食糧事情もあり、当時からやなせは「人生で一番つらいことは食べられないこと」という考えをもっていた。

50代で『アンパンマン』が大ヒットする以前のやなせは売れない作家であり、空腹を抱えながら「食べ物が向こうからやって来たらいいのに」と思っていたという。

こういった事情が「困っている人に食べ物を届ける、立場や国が変わっても決して逆転しない正義のヒーロー」という着想に繋がった。

アンパンマンと「正義」というテーマについて、やなせは端的に「『正義の味方』であれば、まず、食べさせること。飢えを助ける。」と述べている。

また、別のインタビューでも、やはり「究極の正義とはひもじいものに食べ物を与えることである」。

かつて、たびたび起こった「顔を食べさせることは残酷だ」という批判にも、「あんパンだから大丈夫です」と冗談めかして反論していた。

空腹の者に顔の一部を与えることで力が半減すると分かっていても、目の前の人を見捨てることはしない。

かつ、それでありながら、たとえどんな敵が相手でも恐れない。

弱点も多く、雨に濡れてもすぐに弱まってしまう。

これらの点について「本当のの正義というものは、決して格好のいいものではないし、そしてそのために必ず自分も深く傷つくものです」と、自身が絵本の後書で語っている。

また、悪を徹底的に排除することはしない。

例として、悪さをするばいきんまんに対して基本的にいきなり攻撃せず、「やめるんだ」とまず説得を試みる、アンパンチなどでばいきんまんを追い払うことができればそれ以上の追撃はしない、仮にばいきんまんと出遭ってもばいきんまんが悪さをしていないのであれば敵視するようなことは一切なく、それどころかもしばいきんまんが困っているのであれば手助けすることすら厭わない、などが挙げられる。

そして、アンパンマンは食べられることはあっても、食べることはない。

それは単純に(カレーパンマンやしょくぱんまんとは異なり、)アンパンマンが食事をする場面が一度も描かれないことにも現れている。

「飲食」が大きなテーマとなった世界で、本来の「食べる」と「食べられる」の食物連鎖的な循環を裁ち切り、自らを食べ物としてのみ差し出す自己犠牲こそがアンパンマンのヒーロー性を支えているのである。

やなせは、『朝日新聞』2008年(平成20年)8月31日版の「たいせつな本」というコーナーで、影響を受けた作品としてメアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』を挙げ、「科学的に生命を創造するというテーマのこの19世紀初頭にかかれた傑作の影響を強くうけて僕はアンパンマンを創作した」と述べている。

動画配信サービス「Hulu」では、日本テレビで放送されているバラエティ番組の他にも日曜ドラマなど、日本テレビのドラマなどが豊富に配信されており、独占配信のドラマも多いです。

また、登録は無料で行えますし、無料期間中に解約を行えば実質無料でHuluで配信されている動画は全て視聴する事が可能です。

登録無料!Hulu公式ページへ
 

動画配信サービス「Hulu」で動画を楽しもう

70,000本以上が見放題

※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金となります。

すべての作品が無料トライアル中は無料でお試しいただけます

※新規登録ユーザーのみ対象になります。現在会員の方や、過去登録されたことがある方は対象外となります。

※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金となります。

通信制限を気にせず楽しめる!

ダウンロードしておけば、通信制限中でも、スマートフォンやタブレットで作品をお楽しみいただけます。

様々な機器に対応

スマートフォンやタブレットでのご利用はもちろん、インターネットに接続したスマートテレビやメディアプレイヤー、ゲーム機を使い、リビングでくつろぎながら、大画面でお楽しみいただけます。

よくあるご質問

Huluとは?

Huluは映画・ドラマ・アニメ・バラエティなどを楽しめるオンライン動画配信サービスです。月額定額料金でいつでも、どこでも、70,000本以上の作品が見放題。

さらに都度課金制のHuluストアでは劇場公開から間もない最新映画などをどなたでもレンタル/購入できます。

無料トライアルとは何ですか?

初めてHuluをご利用になるお客様にサービス内容を理解してもらえるよう、無料でお試しいただける期間のことです。

無料お試しの期間は、有料会員と全く同じ条件で、すべての映画やテレビ番組等を楽しむことができます。無料期間の終了前に解約すると、料金は一切発生しません。

※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金となります。

どんな作品がありますか?

日本初上陸の海外ドラマを配信する「Huluプレミア」や、独自で製作する「Huluオリジナル」を筆頭に、テレビで放送中の人気番組の見逃し配信や、音楽のライブ配信など幅広くラインナップ。Huluでしか観られないコンテンツも豊富に取り揃えています。また、リアルタイム配信も充実。日米英ニュース、音楽、ドキュメンタリー、スポーツなどをお楽しみいただけます。

なにで視聴できますか?

スマートフォンやタブレット、パソコンでのご利用はもちろん、インターネットに接続したテレビやゲーム機などでHuluをお楽しみいただけます。また、ダウンロード機能を使えば、通信料を気にせず、スマートフォン、タブレットから外出先でも作品を視聴できます。

解約するには?

簡単な手続きで、オンラインでいつでも解約できます。解約時に違約金は発生しません。また解約後も同じアカウントですぐに契約の再開ができます。

無料期間終了後の利用料金は?

月額料金ですべての作品が見放題です。

※ただし、iTunes Store決済の場合には料金が変わる可能性があります。

※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金となります。

支払い方法は?

クレジットカードのほかにも、PayPay、LINE Pay、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払いなど様々な支払い方法に対応しています。iPhone、iPad、Apple TVをお使いであればiTunes Store決済もご利用いただけます。VISAデビットカードやPayPal、他にもプリペイド式のHuluチケットなど、お好きな決済方法をご選択できます。

Huluストアとは何ですか?

Huluストアは、どなたでもご利用できる都度課金方式の動画レンタル/購入サービス。月額料金を支払う事なくどなたでもご利用できます。Huluストアでは 劇場公開から間もない最新映画、海外ドラマの最新シーズン、音楽イベントのライブ配信などラインナップしています。

登録無料!Hulu公式ページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました